HOME>イチオシ情報>マンションを売るときにはどうすればよい?必要なものは何?

マンションを売りたい!そんなときどうする?

マンションを売るというときには、必要なものは何かそして費用はどれぐらいかかるのかを把握しておきます。

マンションを売るとき、準備するものとは

  • なぜ売りたいか売却の理由を明確にしておきます。
  • いつまでに引っ越しをしたいか、スケジュールを明確にしておく。
  • ローンはいくら残っているか残債をは把握しておく。
  • マンションを売るときには査定額の把握が必要です。
  • マンションを売るときに依頼をする業者の良し悪しを確認しておく。
  • いくらの金額で売却をするかを相場を調べておく。
  • 売却依頼や売買の契約、物件の引き渡しに必要な書類を準備しておきます。
  • 引き渡し後、どこに住むかの確保が必要です。
  • 売却までどれぐらいかかるか、引っ越しはいつまでに行うかなどのスケジュールを検討しておきます。
  • 売却をするためには、仲介手数料や税金などさまざまなお金がかかるため費用を準備しておきます。

主にかかる費用の項目とは

マンション

マンションを売る際には、色々な点を確認して1円でも高く売れるようにしなければなりません。その際気にかけておく点に、マンションを売る際にかかる費用という点があります。具体的にどんな点に費用がかかるかというと、まず不動産仲介業者に支払う仲介手数料があります。これが一番のウエイトを占めると言っても過言ではなく、仲介手数料を構成する要素はいくつかあります。その内訳は広告にかかった費用や人件費、契約書の作成費用等になります。これらの内早めに売却先が決まれば広告費や人件費は節約出来るので、なるべく早く売れるようにする行動をとるが大事です。抵当権の抹消にも費用がかかり、まずは物件1つに月1000円がかかります。それに加え、ほとんどの場合この抹消は司法書士に依頼する事がほとんどで、司法書士に対する報酬も必要です。

その他にも様々な費用が

男女

また、マンションを売る事により利益が生じた場合、譲渡所得税や住民税が翌年に支払いが待っている事を忘れてはなりません。その他、早く買い手を見つけたいといった場合にリフォームをしたり、ネット回線を回線速度が速いものに変えたりといったマンションのカスタム費用が必要な場合もある事も頭に入れておきましょう。

行動を起こす際には評判の確認も

マンション

そして、マンションを売るという際には、様々な局面において評判の確認が必要になります。不動産仲介会社選びの際、司法書士を見つける際、リフォームが必要になった際等、評判確認が必要になる局面はいくつもあります。それらの確認の際には、掛かる費用の比較はもちろん、対応力や技術力、売る事を考えているマンションがあるエリアに強いか等を調べましょう。

広告募集中